品川宿場通り南会商店街のポータルサイト。東海道の第一番目である宿場町の歴史が受け継がれる商店街へようこそ!!

旧東海道の情報はこちら

徳川家康は、江戸から京都までの東海道を整備し、宿駅伝馬制度を設けました。江戸の日本橋から京都の三条大橋まで設けられた53の宿場は、「東海道五十三次」と呼ばれています。現在、品川宿場通り南会のある地域は、かつて品川宿と呼ばれ、東海道の第一番目の宿場町でした。
春は目黒川沿いの桜、秋はイチョウと風光明媚で食べ物も美味しく、江戸時代と同じ道幅でかつての面影を残しています。

お役立ちサイト

探索・写真サイト

Copyright (c) 品川宿場通り南会. All Right Reserved.